企業の戦略を実現させる|ワークフローでスマートな営業を|猫の手は不要
女性

ワークフローでスマートな営業を|猫の手は不要

企業の戦略を実現させる

女性

戦略人材を育成する

企業では終身雇用が終了し今や、成果主義が主流になっています。その中で注目を集めているのがタレントマネジメントです。企業の目標達成のためには人の力が必要不可欠です。適材適所に人材を配置することは基本中の基本ですが、戦略に応じた知識やスキル、そして経験などを考慮し、適切なタイミングで人材を配置することが大事なポイントになります。市場の状況を加味して必要な能力を事前に身に着けさせるプログラムがタレントマネジメントです。対象となった人材に対して採用や配置、評価などの人事プロセスを通じて人材を育成する事なのです。もちろん人ですのでモチベーション向上などの対策も必要になります。そして企業の戦略の中心人物になる人材を作り出すのです。

予め育成しておく

企業では戦略が開始されるタイミングでそのプロジェクトに見合った人材を見つけ出し中心人物に配置しています。しかしそのような人材は限られており、なかなか見合った人材をアサインすることは難しくなっています。外部採用なども視野に入れるようになっているのはこのためなのです。しかしビジネスの現場は刻一刻と変化します。都度人材を探していたのでは、ビジネスチャンスに乗り遅れてしまうのです。そこであらかじめ必要な人材を育成しておくことが求められていすのです。タレントマネジメントはその一環で行われる人材育成プログラムです。特に語学などのスキルが付加価値として必要になっている現代においては意図的にタレントマネジメントを実施する必要性が高くなっているのです。