顧客への情報配信の効率化|ワークフローでスマートな営業を|猫の手は不要
女性

ワークフローでスマートな営業を|猫の手は不要

顧客への情報配信の効率化

社内

起動していなくても通知

電子メールを利用するとき、電子メールのためのソフトを起動する必要があります。ソフトを起動すると、たまっているメールなどを受けることができます。逆から言えば、起動していなければメールの内容を知ることはできません。それに対して、プッシュ通知はソフトを立ち上げていなくても情報の配信が可能になります。サービスを提供する会社であれば、イベントやセールの情報を顧客に見てもらいたい場合があります。メールだと、ソフトを立ち上げたりメールボックスの確認をしてもらわないと見てもらえません。プッシュ通知の場合であれば、相手の状況に関わらず情報を見てもらうことができるので、情報配信や広告が行いやすくなります。その分集客が望めます。

顧客分析を行って配信

電子メールを使ってダイレクトメールを送ることがあります。郵送などでは料金がかかることからある程度の抽出を行いますが、電子メールはコストがかからないことから、登録している顧客全員に送ることもあります。プッシュ通知を行うとき、電子メールと同じように顧客全員に送るのはあまり良くない場合があります。顧客によっては知りたくない、見たくない情報もあるからです。不要な情報が多くなると、削除されてしまうことがあり、本当に必要な時に見てもらえません。プッシュ通知をうまく活用するには、郵送と同様に顧客分析を行って配信すると良いでしょう。ターゲットを絞れば、必要としてそうな人にピンポイントに情報を送ることができ、情報も見てもらえます。