社員の動向を把握する|ワークフローでスマートな営業を|猫の手は不要
女性

ワークフローでスマートな営業を|猫の手は不要

社員の動向を把握する

男女

災害時の企業の対応

災害というものはいつ何時訪れるかわかりません。このさいに企業に求められる行動としては従業員の安否確認です。平常時であれば自由に行動が出来ますが、災害時には移動が困難になりますし場合によっては負傷する場合もあります。これらの情報を把握し災害後に動ける従業員を迅速に確保することができれば、業務再開をスムーズに行うことができます。安否確認が必要になるような災害としては、突発的なものが多く特にリスクが高いのが大規模地震です。大規模地震が発生すればインフラが停止してしまい移動が困難になります。また台風や大雨や大雪などもインフラを停止させるリスクがあります。幸い携帯電話が普及した現在では、安否確認は比較的行いやすくなっていますが、数が多くなると安否確認を会社が単独で行うのには負担が大きくなります。

外注するメリット

何事も外注することが可能になっていますが安否確認のサービスも存在します。安否確認を行うには予め、そのスキームを従業員に徹底しておく必要があります。現代においては携帯電話が普及しているので、それらの番号登録や自宅や家族への連絡手段です。安否確認では即応性が求められるので電話での確認が主なものになりますが、ファックスや電子メール、またSNSもひとつの手段ですし日頃から使っているグループウェアに安否確認の機能を付与することもポイントです。いずれにしてもこれら安否確認を行ったあとは無事が確認できた人とそうでない人をリストアップする必要がありますが、安否確認を外注している場合にはこれらの行動をすべて行ってくれるので確認のための人材を割く必要がないメリットが生まれます。