女の人

ワークフローでスマートな営業を|猫の手は不要

社員の動向を把握する

男女

災害時にはインフラが停止することが多く、そうなると行動の自由が制限されます。また災害によって負傷することもあるため、企業としてはまずは従業員の安否確認を行うことが求められます。安否確認は自社でも行うことができますが、多数の従業員ともなると外注する方が災害時に担当者の負担を減らすことができます。

もっと読む

仕事に活かせる方法

オフィス

流れ図などを活用しながら、業務の処理をワークフローによって定義していきます。業務において一連の流れを作ることによって、タスクの消化に対して活かすことができます。情報となる文書やデータなどをプロセスでどのようにスムーズに受け渡していくか、把握すると一連の作業が共有されます。ワークフローは業務において、処理手続きを細かく定義していきます。効果として流れ図が業務を可視化していきますので、誰もが情報を知ることができます。可視化することによって、業務がどのくらい進行しているか状況を把握することができます。また問題点も見出すことができますが、主に無駄な業務や価値が全く生まれない処理などがあります。そして業務処理もしくは伝票処理が図式化されると、業務における非効率な処理に関して改善を検討することもできます。これがワークフロー分析で、ビジネスにおいて大切な分析方法となっています。

ワークフローは色々な部署で応用をすることができます。具体的な設計を行う前後で、業務処理の改善が目に見えてわかってきます。例えば経費精算処理で見ていくと、ワークフローを構築する前に無駄な処理として勘定科目がすぐに割り出せない問題があります。経費精算に関する申請書類は色々とありますが、作成要綱について社員が明確にルールなどを把握していないこともあります。そうなると精算を行う際に使う勘定科目が見いだせず、必須となる記入事項も分からなくなってしまいます。こうなると書類を作成する時間を費やしてしまったり、作成後に回覧者を指名することもできません。混沌とした状態を改善するためワークフローを作っていきますが、書類を最初はマニュアルに沿って作成していくことになります。書類を作成する時に使うマニュアルを整備した後で、精算を行う勘定科目ごとに明確にします。書式もしくは必須の記入事項を割り出して、誰でも簡単に作成できるようにワークフローで作り出します。作成後の回覧者などの承認経路も明確になり、流れが生まれて効率的に行われるようになります。

企業の戦略を実現させる

女性

企業の戦略を実現するための人材育成を意図的に行う事がタレントマネジメントです。既存のメンバーをアサインしたり、採用活動を実施していたのではビジネスのスピードについていけないのです。そのためあらかじめ育成を実施するのです。

もっと読む

顧客への情報配信の効率化

社内

電子メールは、メールソフトの起動が必要ですが、プッシュ通知は、起動をしていなくても情報の受信ができます。提供会社が顧客に情報を送る場合には、誰でも送るのではなく、情報を必要な人を分析して送るようにした方が見てもらいやすくなります。

もっと読む